コカリナコンサート



東日本大震災のチャリティーの為に、黒坂黒太郎さんと矢口周美さんが
全国をまわってコンサートを開いています。
昨日は、坂城町中之条公民館で行われ、聴きに行って来ました。

大変な盛況で、大きな会場も人でいっぱい、お客さんは、なんと200人も
来たそうです。
外では支援野菜も販売され、そのコーナーも大変賑わっていました。

広島の原爆で、真っ黒に焼けてしまった木。
その木でコカリナを作って欲しいと、黒坂さんのもとに、
広島の高校生から依頼があり、こんなに焼けてしまっている木では、
難しいのではないかと慎重に、慎重に彫って作ったそうです。
試しに吹いてみると、びっくり。素晴らしい音色だったのだそうです。
『この被爆木のコカリナは、「もう、こんなひどい事しないで。」
と語っているような気がします。』 黒坂さんが言っていました。

世界中から依頼があり、この被爆木のコカリナを持って
旅をし、演奏活動されているそうです。
その音色、坂城でも聴けました。


上:別所線の歌、おばあちゃんの家が中塩田だったので子供の頃よく乗りました。
  
  今年になって、久ぶりに乗る機会に恵まれました。
  千曲川を横断する橋のあたり、とてもワクワク。
  ご年配のご夫婦が、観光で温泉へ行くらしく、
  ご主人が奥様の別所線に乗ってる図の写真を撮ったりしていて、
  乗客の様子を見るのも、たのしい。  
  大学前駅に用事があったので、ここで降りねばならず、
  これからの車窓が、楽しいのに・・・と、ちょっと残念におもった。
  いつか、また乗ろうと思う、別所線でした。
  

[PR]
by sanluishayashi | 2011-05-02 13:04 | 日記