ミツバチの羽音と地球の回転 観てきました~

感想、っとその前にお知らせです
上田でんき館、明日4月28日(木)・5月6日(金)は休館日です。

f0224039_12203436.gif

昨日は、友人2人と一緒に仕事の後、でんき館に行きました。
月曜日は監督トークがあったのでとても賑わった様子でしたが、
昨日はお客さんもまばら、友達と小声で話しながらゆっくり観れましたよ。

笑ったり、深刻になったり、怒ったり、人間味のある映画でした。

全編心に残ったのですが、その中の一つのエピソードです。
スウェーデンで、自然エネルギー風力発電に取り組む中
投資会社は、利益の為にもっと発電機を建てようとしたが、
森があり、その森のある種類の苔に影響を与えてしまうため、
発電機建設は認可されなかった。
認可は、環境裁判所というところで決められ、
「持続可能な発展を促進することで現在と次の世代に
健康と良好な環境を保障する事を目的としている」
という環境法典に基づき判決を下すのだそうです。
「こうした、苔(生物多様性)はどうしてそんなに大切なのか?」
の質問に、スウェーデンの人が「人類が地球上に生き残るためです。」と
答えるくだり。この人から未来に対する責任をを感じられました。

神様は人間に知恵をあたえて、神様が造られた自然を管理するように
言われます。決して好き勝手やっていいという事ではありません。
しかし人間には欲があり得になる事、出来る能力に暴走します。
それが結果、原発だったり、遺伝子組み換えだったり、クローンだったり
そして、それによって、放射能など困った事になっているのですよね。
スウェーデンの環境裁判所のような、自然を正しく管理できる機関は
私たちの様な、セーブのきかない弱い人間に必要だと思いました。


f0224039_1652475.gif

お隣上田市の市民グループが、祝島の人達の原発建設反対運動を
応援していました。(映画のパンフレットより。)
映画を観て、なんでそんなに反対運動をするのかも分かりました。

[PR]
by sanluishayashi | 2011-04-27 12:54 | 日記