畠山さん、無事。

同じ教会のyさんが、クリスチャン農業従事者の会合で
飲んで仲良くなった畠山さんと、この度の地震で一週間以上たつのに
連絡がとれず心配していました。

畠山さんは、気仙沼の牡蠣の養殖業者、環境活動家。
海が環境汚染で荒れてしまい、この先の養殖業も先行きがないと、いう時
畠山さんは「森は海の恋人運動」をはじめました。
漁師たちが、昔の海を取り戻そうと上流の山に広葉樹の植林をしたのです。
結果年月を経て海にいろんな生物が戻ってきて、蘇りつつあった。
これをきっかけに全国で、「森は海の恋人運動」が広まっていったそうです。

数年前、長野で行われた、生活クラブの講演会にも来てくれました。
私は、そこで、講演を聞き、本も購入しました。

ネットで名前を入れて検索すれば、安否何か分かるかもしれない。
案の定、すぐ分かりました。
ある方のブログで、避難している事が報告されていました。
yさんに伝えると、「よかった!!生きていて!」と、とても安心して喜んでいました。

もっと早く、調べればよかったですね。。。すみません

f0224039_15345188.gif


これを期に、少し読み返してみました。
当時の三陸の少年達は、毎日、おかずの魚を釣っていた様です。
竿も、魚に合わせて手作りして。

今は、破壊されてしまったけど
長い年月かけて、また、豊かな三陸海岸が再生されますように。

[PR]
by sanluishayashi | 2011-03-21 16:02 | 日記